掌で優しくがポイント

若い内の肌のお手入れは、洗顔の後に化粧水、乳液で十分だと思っていました。

しかし、加齢と共に友人たちがスキンケアに一層力を入れている姿を見て、最近慌てて美容液を買い求めたのであります。自分は美容液に関して全く無知の状態でしたので、店員さんに進められるがままに購入しました。ですので、肝心の使い方がイマイチわかりませんでした。

貰ったパンフレットを読むと、スキンケアに関するイロハが書き記されていました。私は普段から化粧水を塗る際には、手で「ペチペチ」と音が聞こえる強さでパッティングをしていました。

しかしながら、パンフレットには「力を入れて叩くと顔の毛細血管が切れてしまう可能性もある」と書かれておりびっくり仰天です。さらに、せっかく高値で購入した美容液の成分をしっかりと浸透させたいからと言って、肌をゴシゴシとこするのは禁物と書かれていました。

正しい美容液の使い方は、顔全体に美容液をまんべんなく塗り広げたら、真綿をくるむように手の平で温めながら浸透させるそうです。また、ゆったりとした気持ちでお肌のお手入れをすることが、美肌作りの秘訣とのことでした。

美容液を使っているからと言って、乱暴なスキンケアを続けていると、くすみやしわの原因になってしまうそうです。

恐ろしい・・・。